コミューターやミニバスを貸切バスとして利用

十数人規模での人員で貸切バスのサービスを利用したりするような場合においては、やはりマイクロバス以上もの8t以上もの大型車両タイプの貸切バスの車体のレンタルを利用したりするというカタチはあまりにも非効率的であり、コスト的にも採算が合わないような状態といえます。
そうした面を考えてみると、マイクロバス以下の大きさで、大型タクシーなどよりも大き目の重量クラスであるコミューターやミニバスなどが向いていると思われます。そして、マイクロバス以上の車両などの貸切バスとしてのサービスのカタチが大きく異なる点はといえば、やはり運転手付きとかではなく、依頼者である自分達が自ら運転が可能であるという特徴がある点といえます。

車両自体も3t半クラスのトラックタイプの車両であり、普通自動車運転免許などでも運転が法律上可能ですので、搭乗者である人員の中に普通自動車以上の運転免許類を所持している人がいれば、交替しながらでの運転が可能ですので、そうしたメリットがあります。
また、その分ドライバーなどをその車両を扱事業所から雇うなどの必要性とかもありませんので、その分の経費コストなども掛からないなどといった利点とかもあり、かなりなレンタル料金面でのコストの安さといえます。

ただ、それでもやはり、車両の種類によっては基本的に中型トラックなどと同じ仕様になっていますので、普通乗用車以下の車両の運転しかしたことが無いドライバーの場合には、運転面においての操作上の不慣れさなどがあるかもしれません。安全に問題がないと判断できるのであれば車両だけのレンタルを検討するのもありでしょう。
レンタル料金の相場としては、格安サービスを行っているレンタル事業者などの場合などには、ドライバー込みの状態でも低料金にて利用が可能な場合もあり、そのうえレンタル時間中においての走行時での路上トラブルサービスなどを受けたり出来るようなサービス内容での仕様になっていますので、安心して申し込みや見積もり依頼などを行う事が出来ます。

また、事業所によっては、ホテルや航空会社などとの業務提携等をしているところなどもあり、その貸切バスレンタルサービス自体をそれらのサービスと組み合わせてそのうえ割引が効いてかなりな安値での利用とかも出来るプラン商品もあったりします。
遠出の際などにおいては、このような総合的なサービスなども利用しない手はありません。このように、ミニバスやコミューターなどから成る貸切バスのサービスを利用する様々な手段がありますので、大いに活用をしていく価値があります。